臨海斎場の料金

臨海斎場の料金は大きく3つに分けられます。

  1. 火葬施設 臨海斎場 火葬料金
  2. 葬儀施設 臨海斎場 式場・控室使用料金
  3. 柩保管施設 臨海斎場 使用料金

 

火葬料金

臨海斎場の組織区住民と組織区外住民では料金が変わります。

区分

臨海斎場

組織区住民

港区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区

臨海斎場

組織区外住民

左記5区以外の住民

火葬料金 12歳以上 34,500円 70,000円
12歳未満 21,000円 42,000円
胎児 9,000円 18,000円
改葬遺骨 18,000円 36,000円
人体の一部 7,500円 15,000円
分骨 2,000円 6,000円
待合室 20,000円 60,000円

収骨容器は無料で提供してくれます。

※改葬遺骨は、0.6立方メートル以内とします。
※人体の一部は、1保管容器に入っている同一人の四肢を1個とします。
※収骨容器は、骨壺、桐箱、覆い、風呂敷を含み、骨壷には名入れをいたします。不要の場合は予約の際にお知らせください。
※献体は、臨海斎場 組織区住民・区外にかかわらず、34,500円となります。
※骨標本は、臨海斎場 組織区外住民の改葬遺骨料金となります。
※火葬(分骨)証明手数料は1通300円になります。

写真 2016-03-27 11 31 03

臨海斎場 葬儀施設 利用料金

区分

臨海斎場

組織区住民

港区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区

臨海斎場

組織区外住民

左記5区以外の住民

葬儀式場 56,000円 170,000円
遺族等控室 14,000円 42,000円
会葬者控室 30,000円 90,000円
合計 100,000円 302,000円

※葬儀式場、会葬者控室を特別な事情により2室つなげて使用するときは、2倍の料金となります。

臨海斎場 柩保管施設料金

単位

臨海斎場

組織区住民

港区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区

臨海斎場

組織区外住民

左記5区以外の住民

24時間ごと

(24時間に満たない場合は24時間になります。)

3,000円 10,000円

 

備考

※臨海斎場 組織区住民欄を適用するのは、以下の場合です。

1 死亡時に港区、品川区、目黒区、大田区及び世田谷区の区域内に住所を有していた方の火葬又は葬儀若しくは柩保管を行う場合。
2 火葬又は葬儀を主宰する方(二親等以内の親族に限る。)が、区域内に住所を有する場合。但し、二親等以内の親族でも姓が異なっている場合は、確認のため戸籍抄本(又は謄本)及び住民票(又は運転免許証)の提出をお願いします。
3 外科手術・事故等による四肢の火葬及び柩保管利用者で、区域内に住所を有する場合。
4 組織区が執行する行旅死亡人の火葬又は葬儀若しくは柩保管の場合。

※生活保護を受けている方、行旅死亡人、火災等の災害を受けられた方には、減額・免除の制度があります。詳しくは、こちら。(PDF形式78KB)

 

式場や控室の使用時間

区分 使用時間 適用
火葬待合室 (火葬時間内の使用) 54席
葬儀式場 午後2時~翌日午後1時 70席
遺族等控室 午後4時~翌日午後3時 14畳
会葬者控室 午後5時~翌日午後4時 64席
保冷庫 24時間単位 24庫

 

葬儀の費用

上記は臨海斎場 火葬料金や臨海斎場 式場使用料です。

葬儀社に支払う費用とは別に必要な料金です。

 

ご遺体をお迎えしてから、火葬を終え初七日法要も終えるまでの費用は3つに分けられます。

  1. 火葬料金等の費用
  2. 葬儀社に支払う費用
  3. 宗教者お礼や飲食接待費用

 

葬儀社に支払う一般的な費用内訳

  • ご遺体搬送費用「寝台車」
  • お棺費用
  • ドライアイス
  • 仏衣
  • 骨壺
  • 遺影写真
  • 白木位牌
  • 人件費

など。

葬儀お見積り例

親族と会葬者合わせて30名

基本プラン

サービス内容 金額
祭壇、棺、人件費、司会者、写真額、受付道具(10名分)、ご遺骨安置台、ドライアイス(2日分)、事務手続き、寝台車(10km)、霊柩車(20km)、お骨壷、礼状(20枚)、返礼品(20個)、棺上花、白木位牌、納棺師 780,000円
インターネット割引 -39,000
合計(A) 741,000(税別)

 

会葬者が来られるケースでは、

お通夜料理・告別式料理などの飲食接待費用も頭に入れておく必要があります。

また

例 お通夜30名 告別式15名

サービス内容 金額
通夜料理30名様分 100,000円
告別式料理(3,000円×15名分) 45,000円
返礼品(500円×30個) 15,000円
合計(B) 160,000円(税別)

 

臨海斎場 火葬料金 式場使用料 

サービス内容 金額

臨海斎場 式場使用料

臨海斎場 控室使用料

100,000円
臨海斎場 火葬料金 34,500円
合計(C) 134,500円(税別)

組織区住民のケースです。(大田区在住の方の例)

総額

A+B+C=1,035,500円(税別)

この金額に下記に記載している宗教者お礼を含んだ金額が、お見送りをする一連の費用合計になります。

葬儀後にも、位牌を購入したり仏壇を用意したりと、色々と必要になります。

 

宗教者お礼

お布施は金額に決まりがありません。

慣れてない人からすると、迷うばかりで、○○はいくらと決定している方が分かりやすいのですが。。

お布施の相場で検索される方も多くいらっしゃいます。

東京近郊では20~35万円。

大阪近郊では20万円前後。

(二日間のお葬式で読経やかいみょうをお願いしたケース)

 

宗教者お礼に関しては、菩提寺にお願いする場合は親類に聞くのが一番間違いないと思います。

若しくは葬儀担当者に問い合わせしてみてください。

 

菩提寺の付き合いがない方などは、こちらで市民目線のお付き合いをしていただける寺院をご紹介しております。

お問い合わせください。

 

法事のお布施相場

祥月命日法要のお布施:5,000円~1万円程度
四十九日法要のお布施:3万円~5万円程度
一周忌法要のお布施 :3万円~5万円程度
三回忌以降のお布施 :1万円~5万円程度

法事法要では僧侶に読経をあげてもらい、供養してもらったお礼も込めてお布施を渡すことが多いです。

四十九日法要や一周忌など、特に重要とされている法事法要のお布施は、祥月命日の法要などのお布施よりも気持ち多めにお金を包むことがあります。

また、お寺の本堂ではなく、法要のために式場や自宅にお寺を呼ぶ場合、お布施とは別に、お車代(5,000円~1万円)を渡すこともあります。

 

 

改葬遺骨とは

改葬とは遺骨を別のお墓に移すことです。

最近では、田舎のお墓を守る人が居なくなったため等の理由で、お墓を引っ越しされる方が増えています。

改葬をする場合は、簡単に明日からこっちへ移すってわけにはいきません。

地方によっては昔土葬だった地域もあります。

お墓を引っ越しされる場合は、火葬が必要になるケースも稀にあります。

 

改葬・お墓の引越しの手順・手続き

1.新規墓地の確保

まず、新しい墓地を確保し、「受入証明書(=永代使用許可書)」を発行してもらいます。

2.既存墓地の手続き

既存墓地の管理者に、「埋葬証明書(=納骨証明書)」を発行してもらいます。

3.市区町村へ申請

既存墓地のある市区町村に「改葬」の申請を行います。「改葬許可申請書」に必要事項を記入し「受入証明書(=永代使用許可証)」と「埋葬証明書(=納骨証明書)」と一緒に提出して「改葬許可証」を発行してもらいます。発行されるまで数日はみておきましょう。(※発行料がかかる場合があります)

4.既存墓地から移動

既存墓地に「改葬許可証」を提示してお墓から遺骨を取り出します。遺骨を取り出す際にはカロートのフタを動かさなければならないので石材店に依頼します。

5.新規墓地への改葬

「改葬許可証」を提出して改葬を行います。納骨をする際には、カロート(骨壷を納める場所)のフタを動かしますので、事前に確認しておきましょう。宗教者に依頼して法要を執り行います。

6.既存墓地の整備

既存墓地を返却する際には、墓所を購入した時の状態、つまり更地に戻すことが必要です。墓石の撤去費用など、既存の墓地の処理にかかる費用は、石材店に問い合わせておきます。

 

献体について

 

 

不明なことなどは遠慮なくお問い合わせください。

24時間 365日 相談員がご説明いたします。

toiawase777